一定期間更新がないため広告を表示しています

1971年、大学院進学。
当初国分直一先生の下で採集狩猟民族の考古学的研究をテーマとして勉強を続けるつもりであったが、その年の夏に増田精一先生が組織されたイラン遺跡調査団のメンバーに選ばれたことをきっかけに、イランの調査に参加することとなった。
現地調査には1971.73.75年の3度参加することができた。その間、1975年に筑波大学歴史人類学系の技官となり、1979年まで雑用を果たした。

3度のイラン滞在で美しいペルシャ語の響きに魅せられ、日本イラン協会が主催したファルシー会の集まりに週一度参加することとなった。
事務局の平さん、青木さん、陰山さん、ご苦労様でした。その会の講師を務めていただいたモアゼニ先生もお世話になりました。
その会では、石川広行、神田文雄さん、牧田都南さん、柳川美智子さん等、個性あふれる仲間達との放課後のおしゃべりが楽しかった。
ファルシー会の集まりが自然消滅してから、民間の語学機関シルクロード社主催のペルシャ語講座を中村公則先生の指導下で10年間ほど受けることができた。 最終的に私は簡単な会話くらいの段階で終わってしまったが、この語学講座も楽しかった。オマルハイヤームの独詠は特に気に入っている。
翌年の大学2年、3年と、千葉県松戸市、船橋市貝塚遺跡の発掘・分布調査を本格的に開始した。
関根孝夫、西野元、岡崎文喜、甲元真之、松浦宥一郎の諸先生、諸先輩に大いにご協力いただいた。
これらの成果は学内機関誌『キョッケンメディングス(貝塚)』に結実した。

当時大学は筑波移転紛争で授業が行われていなかった。
結局私も5年かけて卒業することになった。

この期間中、我々の仲間を強く引っ張ってくれたのが、古里節夫氏である。
彼の実行力と包容力、人間性には深い感銘を受けた。
彼との本格的な交わりは、私が大学院に進学したイラン調査以降のことになり、今でもその報告を継続しながら深まっている。本当にありがたいことだと感謝しております。

1967年、東京教育大学文学部史学方法論(史方)教室に入学。
教室定員はわずか5名。考古学と民俗学からなる若い研究室であった。

主任教授は民俗学の直江先生。それに竹田旦助教授、宮田登助手の3名が専任である。
考古学は増田精一助教授と岩崎卓也助手が専任であった。
考古学の教授はその時欠員であった。翌68年に国分直一先生が専任として赴任された。
入学時は以上の先生以外にも多数の先生方が若き研究室を覗きにこられた。
日本史からは和歌森太郎、桜井徳太郎先生もおいでになった。
先輩方も顔を出され、木下正史、前田潮、甲元真之、岡崎文喜、酒井仁夫、松浦宥一郎氏等がいた。
同級生としては、古里節夫、山浦清、そして私の3名が考古学を選択した。民俗学を選択したのは光主潤、清水信義の2名であった。

考古学は千葉県松戸市近辺で貝塚の調査をしていた関係で、岡崎、松浦両氏に連れられて、放課後松戸近辺の貝塚遺跡をよく巡見した。
民俗学は、沖縄の民俗を調べることを当時テーマとしており、「あかまた」「くろまた」の習俗を研究していた。

私にとって初めての発掘は、北海道根室市のオンネモト貝塚(オホーツク文化期)で行われた。
私より先行して現地に到達していた山浦氏と根室駅で会った時、『コップが出たよ』と言われて何のことかわからず、数日の差で大きな知識ギャップが生まれたことを少し後悔した。
『コップ』とは骨の斧であったことを後ほど知った。
この調査の終了後、山浦氏はすぐにチェスター・チャード氏の論文を学内誌に翻訳発表し、現在の北方文化研究者としての出発点を成した。
ブラスバンド部の仲間の多士済々。
原中学校からお山の大将の気分で高校へ入学したが、全くかなわない秀才揃いであった。

高校2年になって国立文系コースに入った。
なおクラスは一学年が10クラス、マンモス校であった。

その年に東京オリンピックが開催。
オリンピック開催直前の10月2日、開通したばかりの東海道新幹線に乗り新大阪まで行き、そこから瀬戸内海を船で別府に向かい、北九州への修学旅行を行った。
九州では小さい時からの憧れの乗馬を何回も楽しむ事ができた。

高校3年生になって具体的な進路を考え、東京教育大学文学部史学科史学方法論教室への入学を希望した。

神奈川県立希望が丘高校に入学。
同高校は神奈川県最古に創設された神奈川第1中(神中 じんちゅう)をルーツとして、私が入った頃は「神高(じんこう)」と呼ばれていた伝統校であった。

丘の上に広いグラウンドをもち、体育館で入学式を受けた。
ブラスバンド部が演奏する疾走するようなリズムと旋律の校歌で迎えられた。
黒塗りの詰め襟の学生服を着用していた。
これもエリート意識の一つの象徴であった。

新入生歓迎会の後、ブラスバンド部の部室に立ち寄った。
兄の小学校時代以来の友人であった小野勝さんが指揮をしていた。
團伊玖磨の大学祝典序曲で迎えられた。
すぐに入部を誘われ、何がいいのかを聞かれたが特に楽器演奏の経験が無かったため、とっさにショスタコーヴィチを思い出し、ティンパニーを指差した。

特に才能もなかったが3年間ブラスバンド部で楽しく過ごすことができた。
毎年夏、丹沢で合宿練習があり、2年生の夏キャンプ地の斜面で刈り取ったばかりの竹を踏み抜いてしまったことがあった。
その時一緒に合宿していた陸上部の先輩から、傷口にウイスキーをかけられて消毒し、翌日下山して実家近くの医者へ駆け込み、その初期治療の素晴らしさについて褒められたのを記憶している。
今もその傷跡が足の裏に残っている。
というわけで当時の合宿は酒瓶がつきものであった。自由な校風であったと思う。

中学時代の大きな思い出として、名古屋の叔父・久田和彦、泰子夫妻の新居に一夏過ごした事を思い出す。

私の中学1年の夏休み、兄と一緒に久田さんに連れられて東海道線で名古屋まで6時間かけて初めての遠出をした。

名古屋では色々な体験をさせていただいた。
家は名古屋市の昭和区にあり、すぐ上に久田さんの勤めていた南山大学付属高校のグラウンドがあった。
そのグラウンドで初めてスクーターに乗った。
東山公園ではボートを漕いだ。
市内で美味しいステーキをご馳走になった。
全て新しい経験であった。

その年の夏、久田さんから紹介されたミカ・ワルタリの『エジプト人』を読破した。
今につながる思い出であり、大好きな久田叔父さんに大いに感謝したい。

1958年4月、髪を切って(坊主頭が強制された)横浜市立原中学校に入学した。

『緑の穂波 霜の道…』と校歌にあるように、原中学は三ツ境小学校よりも更に奥にあり、名前の通り畑の真ん中に位置していた。
ヒネモス通りを通り過ぎて自転車で通学した。

九人制バレーボール部に入部。中学二年生からは写真部にも在籍した。
新しく始まった英語と数学についてはやや苦手意識を持っていたが、社会(歴史、地理)に関しては絶対の自信があった。
幼い時から愛読していた新聞の影響であろう。
当時の政治指導者の顔写真を切り取ってノートに貼ることが趣味の一つであった。
社会科教師の試験問題はほとんど全て事前に予想することができた。
問題作成の楽しみはその後の大学教員生活にもつながっているように思う。

小学校〜中学校時代にかけて、夏休みはほとんど一夏三浦の実家で過ごした。
実家は浦賀駅からバスで三崎に向かう途中の今井浜で下車し20分程丘を登った石作(いしじゃく)というところにあった。
一軒の大きな藁屋根の農家を借りたものであった。
外に釣瓶(つるべ)井戸が備えられ、その横に「五右衛門風呂」が造られていた。
当時の農家と同じように部屋数は多かったが、多くは納戸として使われていたため、実際は台所と居間と数室の部屋が利用され、夏の間は我々兄弟2人の逗留する場となった。
北側にあった汲み取り式トイレだけは苦手であった。

祖母のキヌは小学校の和裁の教師をしており、その後華道の師範を取って活発に外部で教えていた。我々が夏を過ごしたのはその頃のことである。

なお、祖母は70歳になって詩吟を始め、90歳にして「岳風会」の免許皆伝を得、93歳で大往生した。今で言うスーパーウーマンの走りであろう。

そのような関係で、家の主夫業は祖父の包芳が担っていた。
一見厳格な印象を与える祖父であったが、細かい事にもよく気付く極めて優しい一面を持っていた。
大変な愛書家で、珈琲を愛するモダンボーイであった。
バター(マーガリンではない)の味を教えてくれたのも祖父であった。
祖父の書棚に残された本を手に取ってみると、細かい鉛筆の記入が残されており、中には編集ミスの指摘さえ残され、その几帳面な性格を知ることができる。

当然ながら我々の夏休み滞在中には色々な役割が与えられた。
配膳、下膳、廊下の水拭き等々が我々兄弟に与えられた仕事であった。

家の裏側に小さな森があり、その枝の上に隠れ家を作って遊んだのも良い思い出である。
午後は今井の浜に出掛け泳ぎ、夕方ザリガニを釣って帰った。
そのころになると蚊が大発生し、「蚊柱」が巻き上がっていた。
祖父はシュロの木の葉を煙に焚いて蚊柱を追い払い、すぐに蚊帳を吊った。
何事も主夫業は包芳さんが担っていた。
大好きだった相撲の相手をしてくれたり、祖父には随分可愛がってもらった。

小学校4年になると、早速多くの友達に恵まれた。
加藤章文君、深津迪夫君、星野孝枝さんなどと互いに誕生会をしあった。

その後年賀状でのやりとりで連絡の取れている加藤君とは2010年に横浜の朝日カルチャーセンターで行ったブルガリア考古学関係な話を聴講していただいて、その後星野さん共々食事をすることができたことは懐かしい思い出である。
あの時の人達の多くが、今もなお三ツ境周辺に居住していることに大いに驚いたものであった。

同じ楽老団地に大浜君という同級生が居住していた。
彼が毎月見せてくれた『科学大鑑』(あるいは『少年画報』)という少年向け科学グラフ誌を見ることが楽しみだった。
その内容は宇宙、天体、地球、地質、人体、地理、人類民族等に及ぶ、少年達の心を沸き立たせるような内容のグラフ誌であり、特に人類民族の奇習に大いなる興味を持った。
「人類学」「民族学」に対する憧れと第一歩となった。

この時の一番の楽しみは自由な読書であった。
『15少年漂流記』をはじめとするジュール・ベルヌ物(特に『地底探検』)、ジャック・ロンドンの『荒野の呼び声』、中国、日本の歴史物(『三国志』や『源平盛衰記』『新平家物語』など)を愛読することができたことは嬉しかった。

午前中はNHKラジオもよく聞いていた。
新聞も隅から隅まで読むことが楽しみだった。

母が近くの肉屋から特別に手に入れた鶏や豚のガラ骨を使って作った栄養満点のスープのおかげで小学校3年末までにすっかり健康を取り戻すことができた。

但しこの時期に学校に通えなかったために、九九の習得に苦手意識を持つようになり、その後の理系へのコンプレックスの出発点となってしまった。