一定期間更新がないため広告を表示しています

小学校〜中学校時代にかけて、夏休みはほとんど一夏三浦の実家で過ごした。
実家は浦賀駅からバスで三崎に向かう途中の今井浜で下車し20分程丘を登った石作(いしじゃく)というところにあった。
一軒の大きな藁屋根の農家を借りたものであった。
外に釣瓶(つるべ)井戸が備えられ、その横に「五右衛門風呂」が造られていた。
当時の農家と同じように部屋数は多かったが、多くは納戸として使われていたため、実際は台所と居間と数室の部屋が利用され、夏の間は我々兄弟2人の逗留する場となった。
北側にあった汲み取り式トイレだけは苦手であった。

祖母のキヌは小学校の和裁の教師をしており、その後華道の師範を取って活発に外部で教えていた。我々が夏を過ごしたのはその頃のことである。

なお、祖母は70歳になって詩吟を始め、90歳にして「岳風会」の免許皆伝を得、93歳で大往生した。今で言うスーパーウーマンの走りであろう。

そのような関係で、家の主夫業は祖父の包芳が担っていた。
一見厳格な印象を与える祖父であったが、細かい事にもよく気付く極めて優しい一面を持っていた。
大変な愛書家で、珈琲を愛するモダンボーイであった。
バター(マーガリンではない)の味を教えてくれたのも祖父であった。
祖父の書棚に残された本を手に取ってみると、細かい鉛筆の記入が残されており、中には編集ミスの指摘さえ残され、その几帳面な性格を知ることができる。

当然ながら我々の夏休み滞在中には色々な役割が与えられた。
配膳、下膳、廊下の水拭き等々が我々兄弟に与えられた仕事であった。

家の裏側に小さな森があり、その枝の上に隠れ家を作って遊んだのも良い思い出である。
午後は今井の浜に出掛け泳ぎ、夕方ザリガニを釣って帰った。
そのころになると蚊が大発生し、「蚊柱」が巻き上がっていた。
祖父はシュロの木の葉を煙に焚いて蚊柱を追い払い、すぐに蚊帳を吊った。
何事も主夫業は包芳さんが担っていた。
大好きだった相撲の相手をしてくれたり、祖父には随分可愛がってもらった。

関連する記事
コメント
コメントする