一定期間更新がないため広告を表示しています

1971年、大学院進学。
当初国分直一先生の下で採集狩猟民族の考古学的研究をテーマとして勉強を続けるつもりであったが、その年の夏に増田精一先生が組織されたイラン遺跡調査団のメンバーに選ばれたことをきっかけに、イランの調査に参加することとなった。
現地調査には1971.73.75年の3度参加することができた。その間、1975年に筑波大学歴史人類学系の技官となり、1979年まで雑用を果たした。

3度のイラン滞在で美しいペルシャ語の響きに魅せられ、日本イラン協会が主催したファルシー会の集まりに週一度参加することとなった。
事務局の平さん、青木さん、陰山さん、ご苦労様でした。その会の講師を務めていただいたモアゼニ先生もお世話になりました。
その会では、石川広行、神田文雄さん、牧田都南さん、柳川美智子さん等、個性あふれる仲間達との放課後のおしゃべりが楽しかった。
ファルシー会の集まりが自然消滅してから、民間の語学機関シルクロード社主催のペルシャ語講座を中村公則先生の指導下で10年間ほど受けることができた。 最終的に私は簡単な会話くらいの段階で終わってしまったが、この語学講座も楽しかった。オマルハイヤームの独詠は特に気に入っている。
関連する記事
コメント
コメントする