一定期間更新がないため広告を表示しています

土井氏は東海大学考古学第1回生の卒業生。
在学中の校地内遺跡調査で大いに鍛えられ、現場でのスーパーマンであったとか。
私自身も横浜市帷子峯遺跡の調査でご一緒させていただき、その実力と人間性に深く感銘を受けました。
その後も現在まで長い間お付き合いを続けさせていただいています。

さて私は1997年、関根孝夫団長よりブルガリア調査団団長の任を引き継ぎました。
まず困ったのは90年代前半、実質的に自らが担ってきた現場でのフィールド・マスターの役割をどうするか?

それまで調査を共同で進められていた大学の同僚の先生方もそれぞれの仕事との関係で調査全期間の関与がむづかしいとのこととなり、調査団編成に苦慮していたところ、関根先生より「土井君がブルガリア調査に興味を示しているよ」とのうれしい情報をもらいました。

早速本人と連絡をとり、水海道市教育長に依頼文を作成し土井氏の調査参加への了解・許可をいただきました。

この年の調査はブルガリア・ユーナツィテ遺跡調査団の中心メンバーであった考古学者マツァノヴァ博士のデャドヴォ基地長期同宿もあり、学問的に落ち着いた雰囲気の中での素晴らしい調査でした。
互いに資料を提示し合いながらの個別資料に対する勉強を進め、互いに大いに意味ある時間を過ごすこととなりました。

夕食後、自家製のラキアとワインを片手に宿舎横のブドウ棚の下のベンチに日・ブル両国のスタッフが思い思いに集まり、いつしかはじまった歌合戦に興じました。
ブルガリアの哀調あふれた民謡や、バルカン各民族の唱歌の調べが満天の星空にしみ込んでいきました。

ちなみに私はロシア民謡の「バルカンの星の下に」(実際は1950年代作の「ロシア新民謡」です)を歌った記憶がありますが、日本側団長としてはここでももちろん土井君のギター片手のフォークソングと、同年の調査に参加いただいた土井君の同級生である福島県郡山市教育委員会の鴫原靖彦氏の「田原坂」の熱唱でした。
鴫原君、ありがとう。今でも君の歌声が耳に残ります。

関連する記事
コメント
コメントする